製品情報

有機溶媒最終捕捉装置 クールトラップ OSR-CT125

有機溶媒最終捕捉装置 クールトラップ OSR-CT125は、断熱構造の当社独自のステンレスコンデンサーと低温冷凍機を組合せ、大気に排出される有機溶媒を極限まで回収します。
本システムは当社が考案し特許取得しており、他に類を見ない有機溶媒回収装置です。また、クールトラップは冷却水循環装置が不要であり大幅な省スペース化が可能です。
使えば使うほどその良さが分かる、是非使って頂きたいお勧め製品です。

→ 製品詳細説明ページへ(創造化学研究所Webサイト)

有機溶媒最終捕捉装置 クールトラップ OSR-CT125の特長

1.有機溶媒のゼロ・エミッションの実現

・エバポレーター、ソックスレー抽出機、真空乾燥器等からの排気中の有機溶媒の最終捕捉に
・ドライアイスなど冷却材の補充の煩雑さから解放
・-35±5℃の安定した温度制御で有機溶媒をクールトラップ
・簡単操作、安定稼働で終夜運転も安心
・付属の活性炭ボックスは容易に交換できます(別売)

2.高効率の有機溶媒回収

・クールトラップ1台で、複数のエバポレーター、ソックスレー抽出機等を接続可能

3.簡単操作

・液面計が付いており溜まった溶媒が目視可能
・回収溶媒の取り出しが容易(ドレンバルブを回して排出)

4.省エネ・省スペース

・省電力(250~300W)
・設置場所を選ばないコンパクト設計(W225 x D358 x H538mm、25kg)

 

クールトラップによるエバポレーター濃縮作業における有機溶剤完全トラップの例

「ソリューション事例」にて、クールトラップを使った有機溶剤の捕捉例を説明しています。

こちらの記事もご参照ください。

 

デモ機貸出しのご案内

当機はデモ機を準備しており、お貸出し可能です。ご希望の方は、以下のお問合せからお申し込みください。

関連製品

  • 有機溶媒自動精製装置 ソルピュア PSOS-S全自動で溶剤再生! 環境への溶剤漏洩や過酸化物の蓄積なし

    非常に安全に、単蒸留操作を全自動で行います。使用後の有機溶剤の再利用に最適な装置です。

    詳しくみる
  • HFIP自動精製装置 ソルピュア PSOS-HFIPHFIPの再利用でコスト削減

    HFIP再生用の専用機です。安全に効率よくHFIPの自動精製を行い、研究開発のコストを削減します。

    詳しくみる
  • 有溶媒回収装置 エコクレール OSR-B300-40℃から室温でトラップ!ガラスより熱伝導率
    16倍以上のSUS製コンデンサーを使用

    特許を取得したラセン状のステンレス製コンデンサーを凝縮機構として使用。低温冷凍機を組合せ、夏期でも冷却能力が低下せず-30℃以下に冷却し、減圧下で効率良く有機溶媒を回収します。

    詳しくみる
  • 多検体有機溶媒濃縮回収システム ソルトラッパー自動合成装置の多検体サンプル濃縮の効率化に

    ソルトラッパーは、使用溶媒を外部に飛散させることなく回収します。且つ、多検体の濃縮時間も短く、途中で止める機構もオプションにて対応します。

    詳しくみる
  • 多検体有機溶媒濃縮回収システム
    ソルトラッパー n-ヘキサン蒸発乾燥回収装置ヘキサンの濃縮と回収操作の効率化
    (濃縮時間の短縮およびヘキサンの再利用)

    n-ヘキサンの蒸発回収にフォーカスしたソルトラッパーです。工業用水中および工場排水中の油分の分析(JIS K0101、JIS K0102)に最適です。検体数は10~40対応の納品実績があります。

    詳しくみる
  • 棚型溶媒乾燥回収装置有機溶剤を含むスラリー、バルク、あらゆる固液混合物からの溶剤回収と乾燥に

    棚型溶媒乾燥回収装置は、閉鎖系において常圧下で、溶媒の沸点より低い温度で、有機溶媒を蒸発させ、且つ、溶媒を回収することが出来るシステムです。

    詳しくみる
  • 有機溶媒濃縮回収システム
    ソルトラミニ GBCS-mini-Ⅰ超小型の閉鎖循環系溶剤精製回収システム

    小型でも当社独自技術の「閉鎖循環系」を採用しており、非常に効率よく有機溶剤の濃縮精製が可能です。NMR測定使用済みの重水素化溶媒等、少量でも高価な有機溶媒の回収再利用等に威力を発揮します。

    詳しくみる
  • 超小型エバポレーター ミニエバポ MEV-50N世界最小サイズのエバポレーター

    世界最小サイズのエバポレーターです。実験室において1人1台以上の設置利用により、少量実験で研究効率が大きく向上します。

    詳しくみる

お問合せはこちらから

製品の仕様、価格、見積作成、ご購入、デモ機お貸出し、修理等のお問合せはこちらからどうぞ

テクノシグマ商品は当社独自技術で設計・製造されています

当社の研究開発・製造部門である株式会社創造化学研究所が、設計・製造しています。
各製品の詳しい情報は創造化学研究所ウェブサイトをご覧ください。

→株式会社創造化学研究所のWebサイトはこちら