トップページ > VOC排出抑制対策


VOC排出抑制対策

 

VOCの削減に装置製造専門メーカーがお手伝いいたします

 

2006年4月1日より揮発性有機化合物(VOC)の排出規制が実施され、外形裾切り基準(※)以上の排出事業者にはVOC排出の削減が義務付けられました。
同時に経済産業省は、裾切り基準未満の中小の事業者に対しても「自主的取組」を実施するよう求めており、大口排出事業者傘下の中小事業者では既にVOC排出の20%削減などに取り組み始めています。

大口排出事業者
(外形裾切り基準以上)

法規制
施設に応じて決められた排出基準値及び
環境省・経済産業省からの指導を遵守

中小排出事業者
(外形裾切り基準未満)
自主的取組
平均値でH12年度比30%削減
※外形裾切り基準…法規制対象施設の判断基準となる数値

弊社ではこれまで様々な溶媒回収装置を開発・製造してまいりました。
研究所・大学研究室等には主として汎用的な溶媒回収装置を、
事業所等へは生産設備対応のカスタム品を開発・製造しています。


これらの装置は、
・予算に限りがあるが、VOCを削減したい
・企業の姿勢をアピールするために大気汚染をなくしたい

等々のご要望にお応えし好評をいただいております。


 

下記に代表的な溶媒の種類と工程・施設を列記しました。
溶媒回収の方法にお困りの場合は弊社までご相談ください。

    • メタノール
    • エタノール
    • ヘキサン
    • n-プロピルアルコール
    • アセトン
    • ジクロロメタン(塩化メチレン)
    • イソプロピルアルコール(IPA)
    • トリクロロエチレン
    • ベンゼン
    • トルエン
    • キシレン
    • イソプロピルベンゼン
    • フェノール
            etc.

上記の溶媒を利用した

  • 化学製品製造における乾燥工程
  • 工業用洗浄工程
  • 洗浄後の乾燥工程
  • VOCの貯蔵施設
  • 接着剤使用施設の乾燥・焼付工程
                         etc.