トップページ > Q & A


Soltra mini ソルピュア ソルトラッパー

   
Q1:どんな用途に使えますか。

A1:
・X線解析に利用する単結晶の生成
・グローブBOX内での溶媒の濃縮
・重水素化溶媒の回収・再利用
などによくご利用いただいております。
また、少スケール実験時の有機合成反応、溶媒の濃縮、溶媒の回収といった用途にも最適です。


Q2:どのようにして単結晶が生成されるのですか。

A2:
Soltra miniは循環ポンプの能力を非常に弱い領域まで制御できます。
研究者の設定により、キャリアガスをわずかに流す事できれいな単結晶を作る事が可能になります。


Q3:なぜグローブBOX内で濃縮が出来るのですか。

A3:
Soltra miniは閉鎖系内で溶媒の濃縮と回収を行います。
装置の外部には溶媒蒸気を漏らしませんので、グローブBOX内の雰囲気を汚染せずに濃縮する事が可能になります。


Q4:バイアル瓶以外の容器を使いたい。

A4:
オプションにて濃縮部をフードタイプにすることができます。
フードに入る容器なら何でも濃縮することができます。

 

Q1:何の為の装置ですか。

A1:
使用済み溶媒を再利用する為に精製する装置です。
GPC、HPLC、カラムクロマトなどで使用した溶媒を、同じ目的に再利用できるように精製します。


Q2:混合した溶媒(酢酸エチル+ヘキサン 等)でも再利用できますか。

A2:
カラムクロマトでよく使用される混合溶媒は、同じ混合比のまま精製されます。
例えば、酢酸エチル:ヘキサン=1:1の場合、精製溶媒も1:1になります。
詳細については以下のPDFをご覧ください。
ソルピュアでの混合溶媒精製方法 .pdf (204KB)

 


Q3:酢酸エチル+ヘキサンの混合溶媒を別々に分離できますか。

A3:
ソルピュアで採用している「閉鎖系蒸発加速方式」は単蒸留相当の精製を行います。
よってあまり沸点に差がない複数の溶媒の分離はできません。
また共沸する溶媒の分離もできません。

 

Q1:何の為の装置ですか。

A1:
ソルピュアは混合溶媒の精製にも対応します。以
多数の検体の溶媒を一度に濃縮する装置です。
コンビナトリアルケミストリーの分野でよく使われています。


Q2:どのような利点がありますか。

A2:
・沸点以下での大気圧吹付方式なので突沸がありません
・「閉鎖系蒸発加速方式」によりドラフト等の設備が実質不要になります
・前後の工程に合わせて検体の配置をカスタマイズ可能です
・窒素置換時には最小限の窒素使用量で窒素ガス吹付を実現します